Blog

Webサービスはどうやって作る?Webサービスのメリットや作り方、成功のポイントについて解説

記事の監修

代表取締役村越 聖人

2006年からエンジニアよりデジタル業界でのキャリアをスタート。
大小様々なWebシステム開発およびシステム運用保守を経験。

フルスタックエンジニアとして上流から下流工程まで一連の業務を担当するとともに、サーバー設計、構築、運用設計などのサーバー管理者業務も兼任。

近年は、顧客折衝を含む提案型営業からDMP絡みのデータ分析業務をはじめ、プロジェクトの全体統括・SEなど業務要件に合わせたポジショニングで顧客ニーズの最大化を図るサービス提案を実施。

新規事業で立ち上げた自社サービスにて、発明者として特許取得。

2019年5月 株式会社glorious future 設立。

2006年からエンジニアよりデジタル業界でのキャリアをスタート。
大小様々なWebシステム開発およびシステム運用保守を経験。

フルスタックエンジニアとして上流から下流工程まで一連の業務を担当するとともに、サーバー設計、構築、運用設計などのサーバー管理者業務も兼任。

近年は、顧客折衝を含む提案型営業からDMP絡みのデータ分析業務をはじめ、プロジェクトの全体統括・SEなど業務要件に合わせたポジショニングで顧客ニーズの最大化を図るサービス提案を実施。

新規事業で立ち上げた自社サービスにて、発明者として特許取得。

2019年5月 株式会社glorious future 設立。

目的に沿ったWebサービスを開発できれば業務の効率化に繋がります。では、Webサービスはどのように作ればよいのでしょうか。

この記事はこんな人におすすめ
  • Webサービスについて理解を深めたい人
  • Webサービスの作り方を知りたい人
  • Webサービス開発を成功に近づけたい人

Webサービスとは何か

Webサービスとはどのような存在なのでしょうか。まずは、Webサービスについて解説します。

一般ブラウザから利用できるオンラインサービスのこと

Webサービスとは、一般的なブラウザから利用可能なオンラインサービスです。ユーザーはいつも利用しているブラウザから既定のURLにアクセスし、サービスを利用します。

インターネットに繋がっているデバイスさえあれば使えるのがWebサービスのメリットです。現代では、デジタルデバイスを複数所有することも珍しくないでしょう。

ブラウザからそのまま利用できるWebサービスの需要が増している理由の一つです。

Webサイトとの違い

WebサービスとWebサイトは似たような意味で使われることも多いですが、主に下記のような違いがあります。

  • Webサイトは閲覧が主目的だが、Webサービスは閲覧以外の目的を達成する
  • Webサイトは一方通行だが、Webサービスは双方向
  • Webサイトは誰が見ても同じ表示になるが、Webサービスはユーザーによって表示や値が変わる

Webサイトは万人に既定の情報を届けるために作られるものです。そのため、誰が見ても同じような情報が表示されます。

対して、Webサービスはユーザーが個々の目的を達成するために利用するものです。そのため、ユーザーによって使い方や目的、表示されるものが異なるのが特徴です。

このセクションのまとめ

Webサービスとは、一般的なブラウザからそのまま使えるオンライン上のサービス

  • インターネットに繋がっているデバイスがあればどこからでも使える
  • デバイスの複数持ちが当たり前になった現代に適している
  • Webサイトとの違いは、主目的が閲覧のみか積極的利用か

Webサービスのメリット

続いて、Webサービスのメリットをいくつかご紹介します。

インターネットに繋がっていればどこからでも利用可能

Webサービスは、インターネットに繋がっていればどこからでも利用できます。自宅ではPCを使って、外ではスマホを使ってアクセスするなど、フレキシブルな活用が可能です。

逆に、インターネットに繋がっていない場合は使用不可な点がデメリットと言えるでしょう。回線によって通信が重くなったりセキュリティが甘くなったりする点も考慮の必要があります。

しかし、今はさまざまなデバイスから簡単にインターネットに接続できるようになりました。その分、Webサービスの使い勝手も向上している次第です。

一般ブラウザで利用できるためアプリのインストールが不要

Webサービスはブラウザからそのまま利用できるため、アプリのインストールが不要です。アプリの存在が大きな負荷になることは少ないでしょう。しかし、積もり積み重なってストレージを圧迫したり画面が見づらくなってしまうくらいはあるかもしれません。

サービスによっては、ブラウザとアプリを併用しているものもあります。どちらを使っても構いませんが、リリースされている場合はアプリからアクセスした方が使いやすい傾向があります。

ブラウザは汎用的な通信や閲覧を行うためのものですが、アプリは該当のWebサービスに最適化されているからです。

リアルタイム処理に強くデータを管理しやすい

Webサービスは、リアルタイム処理に強くデータ管理に秀でているのもメリットです。ユーザーはデータが一元管理されているサーバーにアクセスすることで、いつでも最新の情報を得られます。

オフラインシステムの中には、データの閲覧に逐一ダウンロードを要するものもあります。それだと各々がローカルで修正を加えた部分が反映されず、値の異なるファイルが複数存在してしまう恐れもあるでしょう。

データが一元管理されているWebサービスであれば、その心配はありません。ユーザーが編集したデータはリアルタイムに保存されるため、他の人はいつでも最新のデータを閲覧することができます。

このセクションのまとめ

Webサービスには色々なメリットがある

  • インターネットに繋がっていればどこからでも利用可能
  • ブラウザから使えるためアプリのインストールが不要
  • データを一元的に管理でき、リアルタイム処理に強い

Webサービスの一般的な作り方

では、自社で独自のWebサービスを作るにはどうすればよいのでしょうか。次に、Webサービス開発の一般的な流れをご紹介します。

Webサービスの方向性やアイデアを決める

まず、作りたいWebサービスの方向性やアイデアを決めましょう。Webサービスはそれぞれ役割や目的があり、それを達成するためにさまざまな機能が搭載されます。

たとえば、下記のようなものが挙げられます。

  • 遠隔的なコミュニケーションを行うためのチャットツール
  • メンバーの近況や進捗、日報などを管理するためのグループウェア
  • 直接消費者に商品を販売するためのECサービス

自社は何のために(何を達成するために)Webサービスを作るのかを策定する必要があります。具体的な機能や性能まで踏み込む必要はありませんが、大まかなイメージを描かなければ後の工程で不備が生じます。

開発業者や開発形態を決める

次に決めるべきは、開発業者や開発形態です。技術力があれば内製する選択肢もありますが、そうでない場合は外注するのが現実的でしょう。

大事なのは、信頼できる外注業者を見つけることです。サービス開発に限らず、事業上の取引において信頼関係の構築は重要です。

安いからといって技量や実績が不明確なところに頼んでしまうと、開発費用が無駄になる可能性があります。評価やレビュー、実績をしっかりと確認し、信頼できる開発業者に発注しましょう。

要件定義を行う

開発業者が決まったら、要件定義を行います。要件定義とは、開発するWebサービスに搭載する機能や性能を決める行為です。

Webサービスは、何らかの目的を達成するために作られます。その目的を達成するために必要な機能や性能、UIなどを開発業者と話し合い決めなければなりません。

一度固まった仕様を後から変更するのは難しいため、漏れのないようにしましょう。自社の希望する仕様が全て入らないこともありますが、信頼できる開発業者を選べているのであれば、ある程度任せてしまうのも手です。

基本設計を行いプロトタイプを作成する

要件定義が完了したら、次は基本設計とプロトタイプの作成に入ります。大まかなUIが実装され、完成形がイメージできるようなものが作られます。

プロトタイプに具体的な機能が実装されることは少ないため、細部までチェックするのは難しいかもしれません。プロジェクトによってはプロトタイプが作られないケースもあるため、必要な場合は事前に確認しておきましょう。

仕様を固めコーディングする

プロトタイプの確認が終わったら、最終仕様を固めコーディングに入ります。基本的な要件や仕様は要件定義で定めますが、プロトタイプを確認して細かな変更を加えたくなることもあるでしょう。

大きな部分の変更は難しいですが、細部であれば変更できる余地はあるかもしれません。ただ、一度決まった仕様や要件を変更するのは開発業者に負担がかかるため、しっかりとコミュニケーションした上で決めるのをおすすめします。

テストを行う

開発が終わったら、完成品をテストします。一応利用可能になっているものの、まだ多くのバグが内包されているからです。

バグを除去するためにさまざまな動作環境で操作を行い検証します。見つかったものは修正されますが、バグを完璧に除去するのは難しいのが現実です。

本番運用されてから新たなバグが見つかる可能性も十分あります。もしかしたら開発工程より手間がかかるかもしれませんが、意図しない動作や処理を放置するのはリスクが高いのも事実です。

可能な限り、しっかりと修正しましょう。

本番運用と保守管理

テストが完了したら、いよいよ本番運用です。実際に運用する環境でWebサービスを動かし、ユーザーからのアクセスを許可します。

契約内容にもよりますが、本番運用から責任の所在が開発を依頼した側に移ることが多いのではないでしょうか。内的な部分は開発業者にケアしてもらう必要がありますが、データの管理や利用者への啓蒙は自社の管轄で行われることになります。

また、運用後のWebサービスは定期的にメンテナンスや保守管理を行う必要があります。自社でできるならそれにこしたことはありませんが、そうでない場合は開発業者や専門業者に相談しましょう。

このセクションのまとめ

Webサービスは、下記のような流れで開発される

  • Webサービスの目的を決め要件定義する
  • 基本設計を行いコーディングする
  • テストをしてバグを潰し本番運用する

Webサービスの開発を成功に導くには

Webサービス開発を成功に導くには、どのような点に気をつければよいのでしょうか。続いて、Webサービス開発の際に注意したいポイントを解説します。

ITに関する基礎知識を身につける

まず挙げられるのは、ITに関する基礎知識を身につけておくことです。ITテクノロジーは進歩が速いため網羅するのは困難ですが、基礎的な部分だけでも知っておくことが大事です。

知識がゼロであれば、信頼できる開発業者を見つけるのも難しいでしょう。逆に基礎的な知識を持っておけば、開発実績から「この業者はWebに強そうだ」「この会社はコスパが良さそうだ」と分析できます。

100%当たっている保証はありませんが、ゼロベースで決めるより指針を得やすいのではないでしょうか。加えて、ITの基礎知識を知っておけば、開発業者とのコミュニケーションが取りやすくなります。

ITの世界は専門用語が多く、全てを説明していたら冗長になるからです。こちらも全てを網羅するのは不可能ですが「Web」「サーバー」「データベース」などの基本的なものは理解しておいて損はありません。

信頼できる開発業者を選ぶ

信頼できる開発業者を選ぶことで、Webサービス開発を成功に導けます。選定基準として価格を重視する人も多いかもしませんが、安さばかりを求めるのは本末転倒です。

Webサービスは、何らかの目的を達成するために作られるものです。目的が不備なく達成されるのであれば安くても構わないのですが、一般的に(Webサービス開発に限らず)価格とクオリティは比例します。

もちろん、高ければいいという話ではありません。相場を知り、依頼案件に対して適切な見積もりをスムーズに返してくれる業者を探しましょう。

あらかじめプロに相談する

あらかじめプロに相談しておくことで、Webサービス開発を成功に近づけられます。ITは日進月歩で進化しているため、全てを網羅するのは不可能に近い分野です。

それはプロでも同じですが、彼らは分野を絞ることで自身の専門性を高めています。開発したいサービスの種類に応じたプロに相談すれば、成功確率はぐっと上がるわけです。

プロに相談する利点として「はまりやすい落とし穴を回避できる」が挙げられるでしょう。個別の失敗を全て防ぐことはできませんが、汎用的に陥りやすいミスは(プロの目からであれば)防ぐのは容易です。

このセクションのまとめ

Webサービスの開発を成功させるには下記のような点が大事

  • ITの基礎知識をつけることで作りたいものの明確化や開発業者とのコミュニケーションに役立つ
  • 信頼できる開発業者を見つけられればイメージに沿ったサービス作りができる
  • 事前にプロに相談することで落とし穴を避けられる

まとめ

目的に沿ったWebサービスを開発すれば、自社業務の効率化に繋がります。Webサービス開発の流れや目的をしっかりと理解し、適切なものを作りましょう。

この記事のまとめ
  • Webサービスとは、オンライン上で稼働しているサービスのこと
  • Webサービスのメリットはアクセスやデータ管理が容易なこと
  • Webサービス開発を成功させるには、信頼できる開発業者とパートナーシップを結ぶこと

Share

FacebookでシェアTwitterでシェアLINEでシェア